リフォームを業者に頼む際、気をつけるポイント

リフォームを業者に頼む際、気をつけるポイント

リフォームを業者に頼む際、どの業者を選んで良いのか迷われる方も多いかと思います。
リフォーム業者は全て同じというわけではなく、会社の規模・種類によってサービス内容やコストにも差が出てきてしまうのです。
業者にはどのような種類があるのか、見てみましょう。

リフォーム業者の種類

■大手リフォーム業者
リフォームはもちろん、幅広いリフォームを手掛けている大手の業者は、実績も豊富で安心して任せられるという部分がポイントになります。
しかし、その分仲介業者(マージン)も多くなることからコストも高くなりやすいです。

■地元のリフォーム業者
大手のリフォーム業者より規模は小さいものの、下手な施工をしてしまうとすぐに地元の評判を落としてしまうことになるため、丁寧な施工を行ってくれます。
中には広告をたくさん出しているリフォーム業者もありますが、そういったところは広告費がかかってしまうため、コスト面ではあまり安いとは言えません。

また地元のリフォーム業者に依頼する場合は、自社施工なのかそれとも外注しているのかもチェックしてみましょう。
自社施工では費用が安く抑えられますが、複数箇所のリフォームを行う際は対応の職人がいないことも考えられ、別業者に依頼する必要がある場合があります。
逆に外注の場合、費用は高くなりますが、複数箇所のリフォームが同時に行うことが出来ます。

■工務店
工務店というと新築を建てるイメージがあるかもしれませんが、中にはリフォームも手掛けている工務店もあります。
やはり親身に相談に乗ってくれて、融通が効きやすく希望のリフォームが叶いやすいという点はメリットと言えるでしょう。
コスト面は大手のリフォーム業者に比べて広告費や中間マージンがかかっていないので、かなりコストを抑えてリフォームを行うこともできます。

また既存のキッチンを外した際に、床や壁の内部が傷んでいることがありますが、工務店では構造的な部分の補修まで行うことができるため、住宅の補強を考えている方におすすめです。

リフォームを業者に頼む際、気をつけるポイント

複数のリフォーム業者に対し見積もりを出して比較検討すること自体は良い方法なのですが、料金だけを比較してしまうと安いだけで質の悪いリフォームになってしまう可能性もあります。
見積もり書を見た時に「一式」でまとめられていると、何がどれくらいかかっているのかを把握することはできません。
できれば取り扱っている建材や設備一つひとつにどれくらいのコストがかかっているのか、それに対して人件費はどれくらいかかるのかなど、詳細に書かれた見積もり書を提出した業者の方が明朗会計で安心です。

つい費用だけを参考に選んでしまいがちですが、予算と施工の質、両方を考慮しバランスが取れているかどうかを見極めて、リフォーム業者を選ぶことが大切です。