注文住宅を依頼する際に、必ず確認したいこと

注文住宅を依頼する際に、必ず確認したいこと

最初の打ち合わせで施工業者の得意分野を聞く

施工業者は基本的に、できることならより多くの依頼を受けたいと考えています。
そんな中、とりわけ依頼主の要望を親身になって聞く業者は、依頼する側が最初に要望を全て話してしまうと、得意かどうかよりもできるかどうかの話をしてしまう場合があるのです。
もちろん、注文住宅なのでできるに越したことはないのですが、「得意」と「できる」ではある程度の差が出てきてしまいます。

注文住宅を建てる時のこだわりが、業者の得意分野と一致している方がより理想に近づけ、的確なアドバイスをもらうこともできるでしょう。
その結果、より素敵な注文住宅の完成につながるのです。

工務店の提案をきくのも手

理想的な注文住宅を建てるにあたり、施行業者にイメージを伝えることが大切ですが、なかなか詳細に思い描くことは難しいものです。
具体的なイメージが掴めない場合は、自ら提案してくれる工務店を探す方法も一つの手です。
提案には一長一短がありますが、具体的なイメージの湧かない方には有効な手段と言えます。

ただ提案は業者によって力量に差があり、時には不満が生じるかもしれません。
すでにイメージがある方も含め、親身に、かつ的確にサポートしてくれる工務店を選ぶようにしましょう。

見積りを出してもらい確認する

予算内に注文住宅を建てるために相見積もりで価格を比較することは大切ですが、簡単な図面情報から見積り条件を一致させることは困難なため、単純な価格比較はできないと思っていただいた方が良いかもしれません。
見積り条件を一致させ、本当に同じ仕様のもと価格比較を希望されるならば、その道のプロである設計事務所に依頼し、数十枚にわたる図面を作成してもらった上でのこととなります。
しかし当然それ相応の費用がかかることも覚悟しなくてはなりません。

逆の見方をすると、正確な仕様が見えていない状態で提案された価格だけを重視すると、業者によっては理想と異なる家ができてしまう可能性もあります。
工務店等の設計者に図面を作ってもらえればある程度の比較は可能ですが、知識が少ない状態での自己判断は避けた方が無難であることを、知っておいていただければと思います。
長い目で見て一番安心なのは、まず希望を叶えてくれそうな業者を絞り込んでから、そこに図面を作ってもらい、価格や仕様のことなどを詰めていく、という手順なのではないかと感じています。