優良な工務店の見極め方

優良な工務店の見極め方

工務店の良さはその地域に根付いていて、地域の特性や環境を知りつくしているため、環境や住む人に合った住宅を建てることができるという点ですが、これも優良な工務店でなければできなくなってしまいます。
中にはとても優良とは言い難い工務店もあるので、注文住宅を依頼するなら優良工務店かどうか見極める必要があります。

優良工務店のポイント

優良工務店を選ぶポイントは、下記の4項目になります。
ぜひこちらを参考に、優良かどうかを見極めてみてください。

今までの実績がどれくらいあるのか

実際にどれくらいの新築住宅の実績があるのか、またその工務店で家を建てた人が満足しているのかどうか、意見や口コミを聞くのもおすすめです。

自社設計や施工をしている

設計や施工は他にお任せする工務店もあり、この場合依頼した内容がうまく伝わらないなどのトラブルに発展することもあります。
もしトラブルが起きてしまったら、誰が責任を持つのかで揉めてしまうこともあるので、自社で設計・施工を実施しているところの方が優良であると言えるでしょう。

保証に入っている

住宅保障機構に登録している工務店は、倒産などで工事が途中で中断してしまう場合に、発注者に最小限の追加負担のみで完成までサポートしてくれる保証があります。
これに加入していると経営状態が安定している優良工務店だということがわかります。

金額や見積りの提示がわかりやすい

工務店の見積もりで金額の説明が明確でわかりやすさでも、優良かどうかを判断できます。
どの項目にどれくらいかかるのか、この項目内にどこまで含まれているのかなど、わかりやすく明確な金額や見積りであるか確認し、優良であるかを見極めてみましょう。

上記の4つのポイントだけで優良店判断は難しいかもしれませんが、基準になることは多いでしょう。
最近は悪徳な工務店も多く、巧妙な手口で契約を迫ってくることもあります。
優良な店舗を判断するための材料として、ぜひご参考ください。