浴室リフォームを業者に頼む際、気をつけるポイント

浴室リフォームを業者に頼む際、気をつけるポイント

最近の住宅はユニットバスが普及していますが、古い家は従来工法となっていることもあります。
従来工法は、防水加工からはじまり現場で壁や床などを他の部屋と同じく一から作りあげる工法です。
一方、ユニットバスや浴槽や天井、床、壁などがすでに成型されており、現場に搬入して組み立てていく工法になります。

古い浴室を業者に依頼してユニットバスに変える場合、ユニットバスが入るスペースを確保するために構造をいじる必要があるため、業者は施工技術の高い工務店が最適です。
その際、水回りは水分や湿気で構造が腐食しており、浴室リフォームの費用に構造の補修費がプラスされるので、負担が大きくなる可能性も理解しておきましょう。

またユニットバスは窓の大きさによって構造を変えなければならず、場合によっては外壁も変える必要があるので、さらにリフォーム費がかかります。
古い浴室の浴槽交換や壁、床など一部を浴室リフォームしたい場合は、ユニットバスで全部替えるのではなく、従来工法で最低限のリフォームを行うのも一つの手段です。

ユニットバスからユニットバスに浴室リフォームする場合、メーカーによってデザインがパターン化されており、自由度も低く設備を後付けできない場合も多いため、フルでリフォームする場合は大きなコストがかかってしまうでしょう。
この場合、工務店などの業者にコスト面でも相談することをおすすめします。

給湯器も一緒に変えるメリット

浴室リフォームではガスが使用できない期間が発生しますが、給湯器とガスを別々に工事するとそれぞれの工事期間でガスが使えない期間が生じてしまいます。
まとめて業者に給湯器の交換も依頼すれば、ガスが止まる期間を短期間に抑えることが可能です。

古い浴室は給湯器も経年劣化が進んでいる可能性があるので、新しく変えれば快適な給湯ができ、個別でリフォームするよりも費用を抑えられるメリットもあります。
給湯器の種類もたくさんあるので選ぶのを悩む方は多いかと思いますが、リフォーム業者で提案されるので、こだわらない限り自分で探す必要はありません。