ローコスト住宅とは?成功させる大事なポイント

ローコスト住宅とは

ローコスト住宅は、ハウスメーカーなどが実施している安く家を購入できるというプアンの一つを指します。
住宅を建設する場合、材料費や人件費、諸経費などがかかってきますが、それぞれのコストを抑えることで安く建てられるようになっています。
部材を大量に仕入れたり、通常注文住宅などで用いられている資材よりもグレードを落としたり、他にも間取りや構造をシンプルなものにするなどの工夫でコストを抑えていくのです。

安い価格で家を建てられるため、家を建てるハードルが下がるものの失敗しやすいという印象もあります。
ローコスト住宅を成功させるには以下のポイントを理解しておくことが重要です。

オプション追加で高くなる

ローコスト住宅は基本的なプランが設けられていて、そのまま作ってしまえば価格が上がることもありません。
しかしオプションなどを付けることによって価格が上がってしまうこともあります。

一戸建てを建てるというのは一生に一度の買い物にもなり得るものなので、できるだけ自身や家族のライフスタイルに合うような間取りでありつつ、さらにコストもなるべく抑えたいと思われる方も多いでしょう。
ローコスト住宅だから、オプションをいくつか付けても大丈夫だろうと考えていると、結局あれもこれもとなってしまい、価格が高くなってしまうのです。
家づくりにこだわりがあまりない方には合っていると言えるでしょう。

ランニングコストがかかってしまうことも

ローコスト住宅を建てても、資材のグレードが落ちたことによって定期的なメンテナンスを頻繁に実施しなくてはならず、結局ランニングコストを見ると注文住宅とほとんど変わらない場合もあります。
失敗しないためにはその時にかかる費用だけではなく、長期的にどれくらいの費用がかかるのかもチェックしておきましょう。

工期が短い場合は人件費が余計にかかる

値段だけではなく工期の短さを売りにしている会社の場合、その分多くの案件を取って儲けようとしています。
工期が短いことで早朝から深夜まで工事しなくてはならず、結果的に人件費がかさばってしまうケースもあるので気を付けなくてはなりません。
また、工期が短いことで作業の質が低下してしまうこともあります。


ローコスト住宅を建てる時は、オプションなどを付けて高くなってしまった場合と、工務店で安く作ってもらった場合の値段を比較してみるのがおすすめです。
工務店に相談すれば質も良いだけでなく、費用もオプションが付いたローコスト住宅に比べて同程度、もしくは安く仕上げてもらうことができるかもしれません。
ローコスト住宅を建てる時は上記のポイントを把握した上で、色々な条件で費用や質などを比較してみましょう。