セミオーダー住宅を検討中の方!業者への依頼方法とは?

セミオーダー住宅を依頼するメリット・デメリット

一から全て自由に決められるフルオーダー住宅とは少し異なり、基本的な仕様は決まっていますが間取りや設備・外壁の色などは決めることができるセミオーダー住宅は、多くのハウスメーカーや工務店などでも取り扱っています。

メリットとしては間取りが自由に変えられるという点や資材を選ぶこともできるという点、さらにフルオーダーと比較して価格が安くなりやすいという点が挙げられるでしょう。
フルオーダーに比べると自由度は下がってしまいますが、比較的選ぶことのできるプランが用意されており、自身や家族に合った家づくりも可能です。

一方、デメリットとしては家の基礎部分や構造・機能に関する部分を変更することができないという点、意外と決めることも多く時間がかかりやすい点、狭小地や高低差がある土地など、土地によっては建てられないという点が挙げられます。
セミオーダー住宅にはこのようなメリット・デメリットがあることを把握しておきましょう。

依頼する際に気を付けるポイント

セミオーダー住宅を依頼する際には気を付けておきたいポイントがあります。
プランを手掛けている会社はローコスト住宅も行なっているメーカーが多く、ローコスト住宅と同様にオプションなどを付けていくと結果的に高くなってしまうことがあるということです。

メリットにも挙げていた「フルオーダー住宅よりも安い価格でできる」という点が、オプションや変更内容によっては高くなってしまい、フルオーダー住宅とほとんど変わらない値段になってしまう可能性もあります。
見積りの段階で安いと油断していると、後々料金が加算されていくこともあるので注意が必要です。


セミオーダー住宅と言っても、オプションなどによっては結果的にイメージしていたよりも値段が高く付いてしまったというケースは少なくありません。
セミオーダー住宅にしようと検討中の方は、なるべくフルオーダーで行った場合の費用や仕様・設備などを比較するようにしましょう。