建て替えとリフォーム、どちらを選ぶべき?

建て替えのメリット・デメリット

建て替えのメリットは一度住宅を取り壊して0から作り上げていくので、住宅の基礎部分や住宅機能を向上させやすいという点があります。
特に耐震性や断熱性などは反映させやすいので建て替えがおすすめです。
また、間取りなども見直せて自由に決めることができるので、決めるまでの時間はかかりますがその後に追加費用がかかるケースはほとんどありません。

デメリットとしては、施工中は家具・家電を全て移動させる必要があり、一時的に暮らす場所を見つけなくてはなりません。
引越し代や一時的に暮らす場所の家賃など、施工以外にもコストがかかってしまうでしょう。

リフォームのメリット・デメリット

リフォームのメリットは家から離れる必要がないケースが多く、引越しする手間とコストが抑えられるという点が挙げられます。
また建て替えとは異なり、現在住んでいる住宅そのものが変わるわけではないので、愛着のある家の雰囲気を残したまま、新しい形に変化させることができます。
なるべく今の家も残しておきたいという場合におすすめです。

デメリットとしては、耐震性や断熱性の機能を加えるリフォームも行うことができますが、しっかり効果のあるものを選ぼうとすると大掛かりな施工が必要となってしまう恐れがあります。
家の機能性を追加していく場合、現在の住宅構造に左右されてしまうため、結局新築と同じくらい費用がかかってしまうケースもあるので注意が必要です。
断熱性は特に一部だけでは効果がなく、家全体に施さなくてはなりません。
金額がかかる割に性能が高まるというわけでもないので、このような場合はリフォームではなく建て替えを選択した方が良いでしょう。

工事規模によって建て替えかリフォームかを決めよう

家の構造機能にまつわる部分を変更したい場合は建て替え、それ以外の内部の設備などを変更したい場合はリフォームがおすすめです。
自身が希望する施工が建て替えとリフォーム、どちらが良いのか分からないという時は工務店までぜひご相談ください。