リノベーションとは?目的に合った家造りを始めよう。

リノベーションとは?

最近よく”リノベーション”という言葉を耳にするようになりました。
リノベーションには決まった定義はないものの、一般的に住宅の価値や機能を向上させるための改修工事のことを言います。
そのため、今までの住宅の原状回復であればリフォームとなり、今までの住宅を新たに造りかえる場合には、リノベーションという言葉が当てはまります。
リノベーションでは、暮らしにあった空間に造りかえることができるため、その時の暮らし方に合わせて間取りや機能性を高めることができるので、様々な部分において+αとなります。
今までの住宅を新たに改装したいと考えた時、リフォームとリノベーションどちらが良いのかを悩む方もいるでしょう。
リフォームにするか、それともリノベーションにするか迷っている方は、まず工務店に相談してみましょう。

リノベーション前に確認することは?

リノベーション前には、いくつかの確認事項があります。

・物件の耐震基準
もし新たにリノベーション住宅を探す場合、その住宅の耐震基準を確認する必要があります。
築15年以内であれば建築基準法改正に対応していますが、それ以前の住宅では1981年以前の旧耐震基準で建築されているため、リノベーション費用と耐震補強工事費用がかかってきます。

・リノベーションに向いていないマンションもある
中古マンションの場合、壁式構造かラーメン構造かに分類され、これによって自由な発想を形にできるリノベーションに向かない場合もあります。

・リノベーション業者選び
様々な部分において+αの価値を付けたい場合には、やはり工務店選びが重要になってきます。
今まで工務店が行ってきた施工事例など、実績を参考にしてみるのも良いですが、直接工務店の担当者と話をしてから決めるのも良いでしょう。
またリノベーションとリフォームの金額差がどれくらいか気になる方もいますが、理想を形にするために多くの費用がかかってしまえば、それではリノベーションを選ぶ必要がなくなってしまいます。
理想の形を目指すだけでなく、予算に合わせた提案をしていくのも良い工務店の特徴です。

理想の形に価値をつけるリノベーション

リノベーションによって、新たに住宅に価値をつけるだけでなく、快適さや柔軟な発想を形に変えることができるリノベーションは、工務店選びが成功のカギを握っているといっても過言ではありません。
やりたいことを実行して、快適な住空間作りをリノベーションで体感してみましょう。