いま流行りのエコ住宅とは?!

エコ住宅でどのような暮らしが実現できるのか

エコ住宅とは、地域の気候や敷地の条件などに応じて自然のエネルギーを最大限に活かすだけでなく、環境にも配慮して負担をかけない方法で建築された住宅のことを言います。
この”エコ”とは、環境に配慮した取り組みを行っているため、エコロジー(環境)という意味であり、経済的にもお得になるエコノミー(経済)といった意味でも捉えられています。
これらを併せ持ったエコ住宅は、環境にも経済的にもお得な住宅となっています。

代表的なエコ住宅設備とは?

近年エコに対する取り組みが多くなってきましたが、その中でも代表的なエコ住宅に欠かせない素材についてご紹介します。

・気化熱を利用し温度を下げる
100%自然の材料によって作られていて完全防水、透湿機能によって、環境に優しいだけでなく、気化熱を利用し温度を下げることができる外壁素材です。

・屋根の光や熱を反射しやすくする
一番直射日光を受ける屋根ですが、機能性をもった瓦を使用することで、温度上昇を防いで輻射熱を抑えることができます。

・複層ガラスで断熱効果が得られる
複層ガラスとは特殊の金属膜をコーティングして、外からの遠赤外線の反射率を高めて熱伝達を軽減させ、さらに断熱性を高めることができます。

・排熱の再利用
今まで捨てられていた排熱を再利用して、給湯熱効率を上げて節約ができる設備は、一般的に主流になりつつあり、実際に利用している家庭も増えてきています。
これによって、消費電力やガス使用量の減少、CO2排出量の削減に繋げることができます。

・太陽光発電
太陽光発電システムは、太陽のエネルギーを家庭内の様々な電化製品の電気として供給することができるシステムで、発電電力が上回った場合は、電力会社に送電して電気を買い取ってもらうこともできます。

エコ住宅にするメリットとは?

エコ住宅への取り組みは様々なものがあり、住んでいる地域やその環境によって、何が最もエコになるのかは異なります。
例えば、太陽光発電などの太陽の光を電力に変えるものは、北向きの住宅や日照時間の少ない地域では時期によって差が生まれ、お得にならない場合もあります。
また太陽光に限らず、いくらエコ設備を取り入れても、これが全ての住宅や暮らし方に当てはまるとは限りません。
そのため、エコ住宅を検討している場合は、どこ設備が最適なのか、専門の工務店に問い合わせて相談してみましょう。