実はメリットが多い?!2階にリビングを置く理由

2階にリビングを置く間取りも可能

「注文住宅を検討しているけれど隣家との距離が近い」「日当たりが心配」という人もいるでしょう。
そこで、プライバシーや日当たりを確保できる間取りとして注目されているのが、「2階リビング」です。
リビングが1階でなくてはならないという決まりはありません。
注文住宅であれば2階にリビングを置くような間取りも自由に設計できます。

注文住宅

2階にリビングを置くメリットは?

リビングは家族の団らんの場であると共にお客様を迎える場でもあります。
では、2階に置くメリットはどんなものがあるのでしょうか?

・日当たりが良い
隣家との距離が近い場合、1階には十分な日差しが入らない場合があります。
しかし、2階であれば日差しが入りやすく明るい空間で過ごせます。
より日差しが入りやすいように窓のサイズや位置を調整できるのも注文住宅の魅力です。

・プライバシーが確保できる
1階だと通行人や隣家からの視線が気になるという理由で窓を開けるのを躊躇う人もいますが、2階であればそういった視線を気にせずに伸び伸びと過ごせます。

・バルコニーを有効利用できる
注文住宅を建てる際、敷地内に駐車場を設けてしまうと庭らしい庭が確保できない、ということもあります。
しかし、2階にあるとバルコニーを併設することで庭と変わらないスペースを確保できます。
バルコニーの設計も注文住宅なら思い通りにできるでしょう。

・耐震性が上がる
2階に置いた場合、必然的に1階は個室スペースとなります。
個室が多いと柱や壁といった家の支えとなるものが増えるので耐震性が上がるというのもメリットの1つです。

2階が向かない場合もある?

自由な設計ができるのが注文住宅の魅力ですが、2階にリビングを置くと階段の上り下りが頻繁になります。
家族に高齢者がいる場合はよく相談しましょう。
ご自身が高齢になった時のことも考えておかなければなりません。
また、リビングにいると家族の帰宅に気付きにくいこともあるのでルールを決めるなどの工夫が必要です。

門倉工務店にご相談頂ければ、そういったデメリットの部分もしっかり説明した上でお客様の理想に近付けるご提案ができます。
もしリビングの位置で迷われた場合はお気軽にご相談下さい。

Comments are closed.