ちょっとオシャレにこんな注文住宅設計はいかが?

注文住宅をオシャレにする間取り

自由な設計が楽しめる注文住宅ですが、よりオシャレにする間取り案をご紹介します。

・空間を活用するロフト
縦の空間を活用できるロフトは設置場所によって収納力をアップさせたり、デッドスペースの有効活用もできます。
寝室やリビングに設置すると収納力アップ、子ども部屋に設置すれば秘密基地のような遊び感覚も演出できるでしょう。
ロフトを活かして床面積を使わないオシャレさを取り入れてみましょう。

・吹き抜け
注文住宅で快適な空間を作るなら、リビングを吹き抜けにしてみてください。
天井を高くすることで開放感が生まれ、居心地の良い空間を作り出すことができます。 また、デザインやインテリアなども自由に設計しやすいため、よりオシャレが際立つ空間を楽しむことができるでしょう。

・ウォークインクローゼット
ウォークインクローゼットは、使い勝手の良さにも注目です。
出入口を2つ設けると通路としても使えるので、効率もアップします。
オシャレでスッキリ見える収納ができるように、両面に棚を設置するのもおすすめです。 注文住宅の間取りにウォークインクローゼットを確保してみましょう。

・中庭
中庭や坪庭は完全なプライベート空間を保ちつつ、住宅内に明るさや快適さを与えてくれます。
風の通りも良く開放感もあるので、周囲の視界を気にせず寛げるでしょう。

ただ、オシャレさだけに意識を向けてしまうと、思わぬデメリットに困ってしまうこともあります。
それぞれの良い点、悪い点をしっかり把握した上で選択することをおすすめします。

オシャレなアイテムを活用してオリジナリティを高めよう

注文住宅では、間取り以外にもアイテムを活用してオリジナリティを高められます。
注文住宅でおすすめのアイテムをご紹介します。

・ブランコ
小さい子どもがいる場合、住宅内で楽しめるアイテムを設置するのも良いでしょう。
天井にブランコを設置すると、子どもが楽しめる空間が誕生します。
また、ブランコの接続部分を変えてハンモックにするなど、オシャレなインテリアとしての楽しみ方も。 ブランコを使ってより明るく自由な空間を演出できます。

・薪ストーブ
普通の暖房器具ではなく、ちょっと違ったアイテムを使用したいなら薪ストーブがおすすめです。
住宅を温める目的以外にも、インテリアとしても際立ちます。
ただし子どもやペットがいる場合、薪ストーブに近付きすぎると火傷をするリスクもあります。
安全面を確保するためにもハースゲートなどの薪ストーブを囲う柵も用意しておくと安心です。
また、燃料が薪になるので注文住宅で間取りを決める時は、薪の保管場所も忘れずに決めておきましょう。

Comments are closed.