熊谷市の住宅補助制度

三世代ふれあい家族住宅取得等応援事業

三世代で支えあう家族を応援する施策として、熊谷市では「三世代ふれあい家族住宅取得等応援事業」を実施しています。
親世帯と子世帯が熊谷市内で同居、または近居するため、住宅を新築・購入、増改築した場合、費用の一部について補助が受けられます。
市内転居の場合、親世帯と子世帯の直線距離は1.2km以内で補助の対象となります。
市外からの転入の場合は、市内全域が補助対象です。
補助金は補助対象費用の1%相当で、交付は「まち元気」という熊谷市の商品券となります。
地元の工務店など、市内の業者が施工する場合は上限額が25万円、それ以外の場合は20万円が限度額です。

エネルギー関連の補助制度

熊谷市の住宅補助制度では、エネルギー関連の制度も充実しています。
「再生可能エネルギー・省エネルギー設備設置費補助金」を利用すると、住宅に再生可能エネルギー・省エネルギー設備を設置した場合、補助金が受けられます。
補助金額は太陽光発電システムの設置で1kWあたり20,000円(上限100,000円)、自然循環型の太陽熱利用システム設置で一律10,000円、強制循環型の場合は一律30,000円です。
その他、家庭用燃料電池システムや家庭用蓄電システムについて、上限額50,000円で補助対象経費の5%が補助されます。
補助金は「まち元気」熊谷市商品券での交付となります。