求人案内

社員の声

若手社員の感想や意気込みを聞いて下さい。

kuwa

桑嶋 崇裕

ものつくり大学卒

とにかく、体を動かしたり、物を造る事が大好きなので、どうせなら手に職をつけたいと思い、大工さんになろうと思いました。 初めは好きな事を仕事に出来る!と、喜び勇んで仕事を始めましたが、一つ一つの技術を習得するにも相当な努力が必要だと思い知らされました。今はその努力を日々繰り返す事で、技能として身についていると実感しています。 大切なお客様の家を造っている訳ですから、自分の仕事に責任を持ち、少しの妥協も許さず、最善を尽くし、真心を込めて仕事をしたいと考えています。
これからも努力を惜しまず、お客様に喜んで頂ける家造りをしていきます。
yama

山本 遼太

ものつくり大学卒

インターンの時に「何もない所から創り上げていく」事に感銘を受け、それを自分で手掛ける存在になりたい・造り手側に立ちたいと思い志願しました。 仕事をして痛感したのは、どんな作業でもその最終仕上りを考えながら行わないと綺麗な仕上りにはならないと言うことです。常に頭を回転させておく必要があり、こんなに大変で難しい職種だとは思ってなかったです。 お客様の家も、自分の家を建てている気持ちで、手間を惜しまず、妥協すること無く、挨拶や礼儀は勿論のこと、目配り・気配りの出来る大工さんになりたいです。 ヤル気と体力には自信があります。一日でも早く仕事を任せられる様になりたいと思っています。