外壁リフォームのタイミングはいつ?

外壁リフォームって必要なの?

住宅は定期的なメンテナンスが必要です。
特に外壁は常に紫外線を浴びているために劣化しやすく、放っておくと住宅の強度にも影響してきます。
住宅を守る外壁が劣化してしまうと雨水が内部に入り込み、内装材や構造材まで傷み、大規模な修繕が必要になることもあります。
塗装が施された外壁材(サイディング・パワーボード等)を使っている場合は、一般的に新築から8~12年程度がリフォームを行う目安とされていますが、住宅の状況によっては前後するので見極めが重要です。

外壁リフォームのタイミング

適切なタイミングを知るにはどのような部分を見たら良いのでしょうか?

・指で触ると粉が付く
よく日の当たるところを指で触った時に白い粉のようなものが付いたらタイミングが訪れています。
これは塗料が劣化し、顔料がむき出しになっている状態なので雨水が染み込みやすい状況です。

・コケやカビが繁殖している
塗料が劣化し、コーティングの役目ができなくなるとコケやカビが繁殖し始めます。
放っておくと内部にまで根を張ってしまうので除去するのが難しくなります。
日当たりの悪い、ジメジメした場所に繁殖しやすいのでチェックしてみましょう。

・表面にヒビが入っている
塗料の劣化が進行すると表面や外壁材の継ぎ目がヒビ割れを起こします。
たとえ小さなヒビ割れでも亀裂部分から雨水が侵入してしまうので、早めのリフォームが必要です。

外壁を長持ちさせるには?

住宅にはメンテナンスが欠かせませんが、外壁のリフォームとなると費用も手間もかかります。
少しでも長持ちさせてリフォームのタイミングを延ばすには定期的な掃除が有効です。
近隣に川や林がある場合は湿気が多く汚れがちですし、海が近い場合は海風に含まれる塩分で傷みやすくなります。
放っておくと目安とされる8~12年を待たずに劣化してしまうので、こまめな掃除が大切です。
掃除をすることで自然と状態のチェックもできるので早めに対策が取れます。

Comments are closed.