戸建てとマンション、それぞれのメリットデメリットは?

マンションのメリットとデメリット

戸建てとマンションではそれぞれ良い部分もあれば、欠点もあります。
それぞれのメリットとデメリットを比較することで、自分に適した家を見つけられるでしょう。

まずはマンションを購入するメリットとデメリットから見ていきましょう。

・メリット
建物はエントランスがオートロック式になっていたり、管理人が常駐していたりするので、セキュリティは高めです。
ゴミ当番が不要で、いつでもゴミが捨てられるステーションを備えている物件もあります。
他にも宅配ボックスやゲストルームなどの共有施設・設備を設けるマンションも多いです。

・デメリット
集合住宅となるので、戸建てと比べて住居面積は狭くなってしまいます。
また、間取りもあらかじめ決まっており、変えるためにはリフォームやリノベーションが必要です。
隣はもちろん、上階と下階にも住民がいるので、ご近所の騒音が気になることもあります。
逆にこちらも音に気を付けないとトラブルになることもあるため、常に気を使わなければなりません。

戸建てのメリット・デメリット

次に戸建てのメリット・デメリットを見ていきましょう。

・メリット
戸建ては独立した建物を手に入れることができるので、子どもがいる方やペットを飼育したい方も安心です。
土地の広さを活かして建てられるので、マンションに比べ1室1室が広々としていることも多いです。
注文住宅であれば間取りを自分好みに設計できます。リフォームも自由です。
マンションでは管理費や修繕積立金が発生しますが、戸建てならそのような固定費がかかりません。
さらに、敷地に駐車スペースやカーポートがあれば、駐車場代も掛からず毎月の費用を抑えられます。

・デメリット
マンションに比べセキュリティ面で弱い場合があります。
そのため、監視カメラやホームセキュリティなど様々な防犯対策が必要になってきます。
自分でセキュリティ強化の工夫を考える必要も出てくるでしょう。

また、戸建ては好きな場所に建てられることが魅力ですが、立地によってはバス・車を使わないと中心地に行けない、周りにお店や病院といった公共施設が少ない場合があります。 もちろん、そういった利便性の高い場所に戸建てを構えることもできますが、土地代が高かったり戸建てとして確保できる土地面積が少ないケースが多いです。

それぞれの住まいにメリット・デメリットがあるので、どちらがいいか悩んだ時はライフスタイルや将来像から考えてみると良いでしょう。
静かなエリアでのびのびと暮らしたい、子どもやペットがいる、家族が多く個室が欲しいのであれば、戸建てがおすすめです。

Comments are closed.