不動産と工務店の違いとは?

不動産とは?

不動産は、土地や土地に建てられた建物を指している言葉です。
そんな土地や建物は不動産会社によって管理されていることも多いです。
不動産会社は土地・建物を管理することが主な業務であるイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか。
しかし実際には売買や分譲、賃貸、鑑定・評価、施工など、土地・建物に関する業務を幅広く手掛けている業者が多いです。
ただし、どちらかというと土地探しに重点を置く会社が多く、施工に関しては一部の会社でしか取り扱っていない場合もあるので注意しましょう。

工務店とは?

工務店とは、建物の施工をメインに行う会社のことを指します。

一般的に地域密着型で事業を展開しており、長年家づくりを手掛けてきた職人も揃っています。
さらに、対応エリア内で家づくりをしたいという方に対し、一から家づくりをサポートしてくれます。
家づくりを希望する人との距離が近く、依頼者の意思を汲み取りながら話し合いを綿密に行うため、理想の家を建てやすい点はメリットの一つです。
家づくりの中で設計を自由に行いたい、デザインにもこだわりたいという方にも向いています。

また、地元で活躍する工務店だと広告等の販促費にあまりお金を掛けていない事が多いです。
多額の販促費は家づくりのコストにも含まれてきてしまうため、結果的に費用が高くなります。
工務店なら家づくりに関する項目のみで構成されるため安心です。

不動産会社と工務店は何が違う?

家づくりの専門性という観点で見れば工務店に依頼した方が良いでしょう。
不動産会社は施工が専門分野ではないため、要望しても対応できる範囲が限られてくるケースもあります。
家づくりに特化している工務店なら、家族のこだわりや理想とする家をしっかりと形にしてくれます。

一方で家を建てる際に土地探しから始めたいという方は、多くの土地情報を保有する不動産会社に相談してみるのも手です。
ただし、地域密着型の工務店であれば不動産業務も行っている場合が多いです。
そのため、家づくりを検討される場合、まずは最初に工務店に相談した方が効率的でしょう。

Comments are closed.