注文住宅で防音や遮音性を高めるには?

防音・遮音性を高めるための設計方法

注文住宅を建てる際、防音や遮音性に目を向けてみるといいでしょう。

防音・遮音性を高めることで屋外からの騒音も防ぎつつ、室内の生活音が外に漏れてしまう心配もありません。
プライバシーが配慮された環境で、安心の生活を送ることができます。

騒音が気にならない注文住宅にするためには、遮音性の高い外壁材を取り入れたり、窓には高い気密性を持った複層ガラスを採用するのがおすすめです。
気密性が高まれば防音・遮音性だけでなく断熱性能も高まり、空調設備の省エネにもつながります。

また、2階建て以上の住宅の場合、梁と吊り木が直接つながっている造りだと振動が直接階下に伝わるため、音が響きやすくなります。
そのような場合、それぞれの階の間に「吊り木受け」と呼ばれる緩衝材を取り入れるのもおすすめです。
もしくは床材をただのフローリング材ではなく、コルクのようにクッション性が備わったフローリング材に変えると上階からの音も気になりません。

自然素材を活用した内装で息苦しさを解消

いくら防音・遮音性を高めたとしても居心地の良い空間でなければ意味がありません。
換気設備だけでなく、自然素材を取り入れた空間にすると息苦しさも解消されやすくなります。
例えば土は呼吸する自然素材なので、調湿効果や蓄熱効果、有害物質の吸着など、心地良い空間を実現できる素材です。
さらに土は重い素材で、しかも空気を含んでいるため、遮音・吸音などの効果も得られます。
土壁や砂壁、珪藻土や漆喰などの自然素材を内装に活用し、静かさが心地良い特別な空気感を味わってみてください。

注文住宅を購入する際には、ぜひ自然素材を活かした家づくりにも注目してみましょう。

注文住宅の施工業者に依頼するポイント

注文住宅の防音・遮音性を高める際には施工業者にその旨を伝える必要があります。
施工業者へ依頼する際には、具体的にどれくらいの防音・遮音性を求めているのか伝えると、目的に合った施工プランを提案してくれます。
例えば、注文住宅で生活音をできるだけ外に漏らさないようにしたい場合と、家の中で楽器練習をしたい場合では、使用する建材や工法などにも違いが出てきます。
そのため、どのような目的で防音・遮音性を高めたいのかをしっかりと伝えておきましょう。

Comments are closed.