忘れちゃいけない、収納の考え方

注文住宅は動線に沿って考えてみる

注文住宅では、間取りだけではなく収納も自由に設計することができます。
収納スペースをプランニングする時は、動線に沿って計画すると良いでしょう。
例えば、外から帰宅したら靴をシューズボックスに入れる、玄関近くのクローゼットにコートやバックを片付けるといった行動が想定できます。
どこにどのようなスペースが必要となるかは、こういった生活動線を具体的にイメージすることで決めやすくなります。

注文住宅でおすすめの収納の種類

収納と言えば押し入れやクローゼットが一般的ですが、他にも色々な種類があります。
注文住宅では導入できる収納の種類も幅広いため、それぞれの住環境に適したものを取り入れていきましょう。

・シューズクローゼット
家族みんなが使う玄関において、靴の収納は重要です。
大人数にもなると、シューズクローゼットが無ければ靴が玄関で溢れかえってしまいます。
シューズクローゼットは奥行きや高さなど、なるべく多くの靴が効率的に収納できることを考慮し設計するといいでしょう。

・ウォークインクローゼット
ウォークインクローゼットは服やバッグなどファッションアイテムをまとめておけます。
服の代わりにスポーツ用品や本、お客様用のお布団などを片付けておく場所にもおすすめです。
和室なら押し入れの中をウォークイン仕様にすると良いでしょう。

・壁面収納
柱や梁などの出っ張りを活用した壁面収納は、ちょっとした小物を置く場所に最適です。
できるだけ棚やカラーボックスなどを置かず、すっきりとした部屋に見せたい時に活用しましょう。

・パントリー
キッチンは食器や調理器具以外に、調味料や食料品、お米、乾物、頂き物など色々なものを置くので、すぐいっぱいになってしまいます。
そこでキッチンの隣にパントリーを設ければ、物が溢れず広々と使えます。

・脱衣室
お風呂場などと併設する脱衣室の収納にも目を向けておくといいでしょう。
タオル類や洗剤、水回りの掃除用品等、意外と物で溢れかえってしまうことが多いです。
余裕を持ったスペースと収納棚等の設置をおすすめします。

・掃除用具入れ
掃除機やホウキ、埃取りなど日常で使う掃除用具を入れるための収納スペースはおすすめです。
その際にコードレス掃除機を置くためのスペースと、コンセントも同時に設置しておくとより便利に活用できます。

また、収納全般において配線がホコリまみれにならない間取りの工夫も必要です。
例えば冷蔵庫や洗濯機、炊飯器等、置いてある家電も収納の一つとして配線計画を立てるといいです。

注文住宅の収納は数よりも使いやすさで考える

注文住宅で家を建てるのであれば、できるだけ多く収納をつくろうと考える方も多いでしょう。
しかし、つくりすぎるとかえって使い勝手が悪くなってしまいます。
また、その分費用も増えていくので、予算内に収まるようかどうかも加味して考える必要があります。
どちらかと言えば量よりも使いやすさに目を向けて収納を考えるべきです。
現在持っているものを把握しどれくらいの収納が必要になるのか、動線に沿ってどこに何を片付けるべきかを考えながら設計するといいでしょう。

Comments are closed.