住まなくなった家の賢い再活用法とは

賃貸物件として再活用する

まず簡単に始められる住宅の再活用法として挙げられるのは、賃貸物件として貸し出す方法です。
大規模な修復が必要にならなければ、クリーニング後すぐに賃貸として様々な人に利用してもらえます。
ただし、あまりにも古さを感じるような見た目をしている場合にはリフォームが必要になってくるでしょう。
リフォーム済みであれば、入居希望者も増えやすい傾向にあるのでおすすめです。
毎月不労収入を得たいと考えている方は、賃貸での再活用を検討してみましょう。

広い住宅ならシェアハウスや民泊に再活用する

所有していた住宅が比較的広いようであれば、近年話題のシェアハウスとして活用するのも良いでしょう。
シェアハウスは利用者一人の家賃負担が軽減されるため、多くの入居希望が来る傾向にあります。
一人あたりの賃料収益は減ってしまいますが、空室リスクを下げられ、安定した運用を維持できるでしょう。

また、民泊として運用できるのも広い空き家活用の特徴です。
民泊に関しては地域ごとに条例や規制があり、それによって運営に条件が出てくるので、よく確認してから始めるようにしましょう。

更地にしてから再活用する方法も

せっかく建ててある住宅ですが、誰も入居を希望しないような空き家であれば一旦取り壊し、更地にしてから活かすという方法も選択肢に入ります。
例えばコインパーキングや月極駐車場、さらには事業用としての土地など、様々な活用方法があります。
また、空き家を壊した後の土地が広い、農家の跡地だったという場合には、太陽光発電設備の設置もおすすめです。
太陽光発電は単に電気を発電して住宅で使用できるだけでなく、売電による収入を得ることも可能です。
住宅の近くに空いている土地があれば、太陽光発電設備の導入もぜひ検討してみてください。

ここでは挙げきれない空き家や土地の再活用術も多くあります。
まずは始めやすく見合ったものから選んでみて、悩むようであればその土地に詳しい工務店などに相談してみるといいでしょう。

Comments are closed.