災害保険の種類と知っておきたいこと

災害保険とは?

災害保険は、もしもの時に建物や家財の損害に備える保険で、大きく分類すると「火災保険」と「地震保険」の2種類があります。
火災保険は火災による被害の補償を主としますが、地震によって発生した火災は原則補償の対象外です。
地震保険は、地震による被害を補償するものであり、火災保険ではフォローできない津波や噴火、地震による火災や損壊などの損害を補償してくれます。
火災保険は単独でも加入できるのに対し、大半の地震保険は火災保険と合わせて加入しなくてはいけません。

注文住宅

加入するタイミング

では、注文住宅の場合どのタイミングで災害保険に加入すればいいのでしょうか。
一番最適なタイミングとしては、注文住宅の引き渡し日に補償が開始されるよう手続きを済ませることがベストです。
そのため、注文住宅の引き渡し日が決まった時点で、加入手続きをしましょう。
遅すぎると引き渡し日から契約できない場合があり、その期間に災害が発生した場合には自分で損害費用を支払わなくてはいけません。
もし分からないことがあれば、注文住宅をご依頼した会社に相談すれば段取りを教えてくれることも多いです。

災害保険を選ぶポイント

注文住宅を購入した際に加入する災害保険を選ぶポイントは3つあります。

・補償内容は自分で選ぶ
火災保険には補償内容をひとまとめにしたものもありますが、注文住宅のある場所や建物によって必要な保障は異なります。
不要なものを外すだけでも保険料は変わるので、どのような場合に補償されるのか確認し必要な保険を選びましょう。

・いくつかの保険会社から見積もりを取る
新築の注文住宅の場合は購入先の不動産会社が勧めてくれることがありますが、保険会社によって保障内容や保険料は違うため、手間はかかりますがいくつかの保険会社から見積もりを取り、比較・検討するようにしましょう。

・地震保険に加入する
火災保険だけでは、地震による損害を被っても補償されません。
今後高い確率で大規模地震は起こると言われているため、注文住宅を建てた際には地震保険の加入を検討してみてください。

今後起こり得る災害から大切な注文住宅を守るためにも、災害保険について知ることは大切です。
今回ご紹介したポイントを参考に、どんな災害保険に加入するか慎重に検討していきましょう。

Comments are closed.