注文住宅と建売の違いとは?

注文住宅と建売、それぞれのメリットデメリット

戸建てを購入しようと考えた時、注文住宅か建売か、悩む方が多いです。
家族のこれからの生活を考慮し、なるべく慎重に選ばなければなりません。

住宅選びに失敗しないようそれぞれの違いを把握しておきましょう。

・注文住宅のメリットデメリット
注文住宅のメリットは、ライフスタイルに合った間取りや内装、設備などを自由に選択できる点です。
施主として家づくりに携われるため完成した時の感動もひとしおでしょう。
また、こだわりたい部分はしっかりとこだわり、逆にこだわらなくてもいい部分はコストを抑えた設計もできます。
費用のかけ方も自由に変えられるのは、一から作れる注文住宅ならではの特徴です。

ただし、いくらコストのかけ方を変えられると言っても、安くできる範囲に限界はあります。
自由に設計できる分、建売よりもコストが高くついてしまう点はデメリットと言えるでしょう。
更に土地代が別途かかるため、資金計画は念入りに行うようにしましょう。

・建売のメリットデメリット
建売のメリットは、何と言っても購入手続きがシンプルですぐに入居できるという点です。
土地や建物の構造・間取りなどはすべて決まっているため、何度も業者と打ち合わせることもありません。
家が既に完成されているのであれば、スムーズな入居も可能となります。
さらに、周辺エリアに複数の家をまとめて建築する場合も多く、まとめて建てることでコストダウンにつながります。

一方、後から間取りなどの変更がしにくく自由度が低い点が注文住宅と違って大きなデメリットと言えるでしょう。
例えば「フローリングはもう少し暗めの方がいい」「窓は断熱性の高いものを使ってほしい」と思っても、リフォーム可能な物件でなければ難しいです。
さらに、安い反面個性がなかったり、土地が軟弱で耐久性に影響が出てしまったりすることもあります。

注文住宅と建売、どちらか決める際のポイント

どちらかで迷っている場合、家族の暮らしで優先させたい部分を決めましょう。
値段や立地を優先で考えた場合、建売の方が大幅に安くなるケースが多いです。
会社や学校、スーパー、駅などから近く利便性に優れていた方が良い場合、注文住宅だとコストが高くなる場合もあります。

費用や時間をかけてでも家族の理想的な暮らしを叶えたいという方は、注文住宅が向いています。
この先何年も暮らすことを考え、家という癒やしの場所にこだわりを持って生活したい場合は、ある程度費用がかかっても注文住宅で依頼することをお勧めします。

まずは自分や家族の中で何を優先したいのかを決めてから選んでみてください。

Comments are closed.